うーん 「これやった方がいいな」「やりたいな」って思っても 何か「満を持してきっちりやらなきゃ 今はまだその時ではない」みたいな気持ちになってしまう こんな気持に合理性が無いのは百も承知なんだが よく分からない"何か"に行動を阻害される
じゃあ行動できる時は何かというと 「"やりたいこと"の妄想に酔った状態」とか「他人が主導していてやらざるを得ない」とか そういう感じがあるんだけど もうちょっと自主的に動きたいという気持ちがある 「今はまだその時ではない」じゃないんじゃ

けんぼー さんがブースト

『マインクラフト』最新アップデートで、オリジナル作者Notch氏の名前が消える | AUTOMATON - automaton-media.com/articles/n
悲しいような、仕方がないような。

記録見る限りこの問題サイクル50以下で達成してる人いるっぽいんだが これより早く出来る気がしない

思い出した 確か良性腫瘍を切除した人の話で 医者に持ち帰るか聞かれる話があったな アレが一番合法的で簡単な人肉の入手経路って感じがする

そもそも健康(?)な人間の健康(?)な内蔵を切除してかつ持ち帰る手術なんてものが可能かどうか分からないが

人間の肝臓、確か何分の1かくらいは切除しても大丈夫だったよな。自分のレバ刺しを食べることができる……? 僕酒飲めないし、多少肝臓減っても大丈夫やろ。
血とかグロとか、そういうのは得意じゃないし、人も殺したくないけど、人を犠牲にしない範囲で 「絶対に食べてはならない」とされている人肉の味。知りたいって思うじゃないですか。

「消費税を上げよう」← 賛成はしないけど意見の1つとしてはわかる

「消費税は累進じゃないから貧乏人が困る」← わかる

「じゃあ持ち帰って食べる時は税率低く 店で食べる時は高くしよう」← ????????????

ある記事のタイトルの日本語について違和感を覚えたのだけど 同じことについて無限にツッコミを入れてる人たちを見ることで 自分はツッコミを入れなくていいと思うことができ 踏みとどまることができた
違和感を感じて一言物申したくなった時は同じ話題を話している人をみつけることでその欲求を飲み込むことができるぞ その上で同じ違和感を持つ人が一人も見当たらないときはさすがに申してもいいだろう

【速報】kembo 布団を干す #ネタ もっと見る

UEC鯖の書き込み こっちからだとタイミングずれて表示されてるように見える

幼い頃バスや鉄道に乗った時「おりるのは つぎの、つぎの、つぎの……」って言うのが楽しかったんだけど 今思うとこれってペアノの公理じゃん

一度クリアしたステージをアームだらけに作り直してる

Kotlin で with 使うとできるらしい 知らなんだ

日本語(だけじゃないけど)「主題優勢言語」の概念をプログラミング言語に導入したい
hoge = new Hoge()
hoge.fuga1 = xxx
hoge.fuga2 = yyy
hoge.fuga3 = zzz
みたいに "hoge" 連続して書くのやめる言語欲しい

当然のことながら、ダラダラ繋げられた文章というものは、構造が整理されてないが故に分かりにくい。一息で読めるくらいの文章までは何とかなるが、長くなってくると構造を整理しない文章は読みにくくなる。

元来日本語は語と語の関係を文中の順序ではなく助詞で示す機能があって そうやって句だか節だかを好きな順序でダラダラ繋げられる機能があるんですよね 加えて主語より主題が優先される言語でもあるから 「ここまでが一文」みたいな区切りが欧米の言語に比べて重要ではないというのがある

短文を空白で区切りたがるのは 文ではなく節を並べてる感覚ですね

うん やっぱり140字超えると 空白での文章区切りは読みにくく感じるな

「あの人は復讐なんて望んでいない!」についてですが その昔ガンソードという作品がありまして 復讐に人生を捧げる男性に弟がいたんですね 弟はまさにこの台詞を口にして兄を必死に止めようとしてたんですが そのお兄さんが死んで そこから弟さん自身が復讐を始めるんですよ 視聴者のみならず作中の人物も当然「お兄さん復讐は望んでいないのでは?」と問いかけるのですが 弟さんはこんな感じの返答するんです「そうですね 兄さんは満足して死んだし 復讐も望んでないと思います これは兄さんのためではなく 僕が納得するためにするんです」 僕はこれがめっちゃ好きです

もっと見る
のめやうたえどん

のめやうたえどんは、のめやうたえマストドンインスタンスです。まだまだ未開の地ですが、のめやうたいましょう。